波しぶきが小枝にかかり、乾いた後に残った小さな塩の結晶。



そんな自然が見せる美しさを表現した作品。



繊細で有機的なフォルムが美しいバングルです。














サイズ







フリーサイズ





素材







真鍮












MARIA SOLORZANO





メキシコ出身のコンテンポラリージュエリーデザイナー。

メキシコシティの大学でデザインを学んだ後、パリ、スペインのバルセロナ、アルゼンチンのブエノス・アイレスと拠点を変え、その作品は世界各国のギャラリーやセレクトショップ、ミュージアムショップで展開されている。



マリアのデザインは世界を観察することから始まる。

「日常的に目にするものをジュエリーに変換する」というコンセプトのもと道端の小枝や石、

葉や紙のシワなど、日常の生活の中から美を見出し、形をそのまま型どることによって作られる。

そうしてフォルムを強調することにより、見慣れすぎて気がつかない日を人々に問いかけていく。



ジュエリーは身につける人にとって親しい友人であり、美しい共犯者でなければならない。



普段見慣れた存在の価値を改めて考え直してみる。本当に大切な物は日常に存在しているから。

そんな気付きを与えてくれるジュエリーは確信犯的であり、人生をともに歩んで行く親しい友人のような存在である。