ネパールのお母さんたちがひとつずつ丁寧に丸めて作ったフェルトボールのシリーズ。

こちらのコースターはネパールで生きるシングルマザーの支援の一環として、現地のお母さんたちと一緒に企画している商品です。

ネパールでは夫が妻子を置いて出て行ってしまうケースがとても多く、残されたシングルマザー達はたくさんの子供を抱えて大変な生活を送っています。
泣いている小さな子供を抱えながら懸命に働くお母さん達の姿をよく見かけますが、彼女達の労働条件は決して良いものではありません。
シングルマザーということで足元を見られ、通常よりもずっと悪い賃金しかもらえないのです。

そんなシングルマザーを支援する団体を立ち上げたミナさんというネパール人女性。
ミナさんも同じく母子家庭の家で育ち、たくさん兄弟を養うため、小学生のうちから編み物やフェルトを使った製品を作り、母の手助けをしていました。
現在は、仕事がもらえないシングルマザー達に製品の作り方を教え、独り立ち後は仕事の斡旋をしています。
賃金ももちろん他の仕事のように足元を見るようなことは一切なく、適正価格が支払われます。

LIFE IS JOURNEY!とミナさんとの出会いは2年前、まだミナさんが団体を立ち上げる前でした。
たまたま私たちが泊まった宿の奥さんがミナさんで、仲良くなっていろいろ話しているうちに「シングルマザーを支援する団体を立ち上げたい」と打ち明けてくれました。
LIFE IS JOURNEY!として何かお手伝いできないか?ということで一緒に手袋などのニットアイテムを企画したのがすべての始まり。
それをきっかけにミナさんは団体を立ち上げたのですが、今回久々にネパールを訪れてみると、ミナさんの元にはたくさんのお母さんたちが集まり、和気あいあいと楽しそうに仕事をする姿がありました。

今回、そんなミナさんの元で働くお母さん達にフェルトを使ったアイテムをいくつか作ってもらいました。
実際に作ってくれているお母さん達とお会いしてきましたが、寒い冬の中、何時間も石鹸水に手を浸してひとつずつ丁寧に作ってくれている様子を見て、胸が熱くなりました。「手が荒れることなんて気にしない。それよりもこの仕事につけたことが本当に幸せなの。」

子供をあやしながら、働くお母さんたち。
子供たちが遊ぶためのおもちゃも用意され、子供たちは楽しそうに走り回っています。
お母さんたちは井戸端会議のようにおしゃべりに花を咲かせて、楽しそうに仕事をされています。
お母さんたちが心地よく働けるように、いたるところにミナさんの心配りが感じられます。
ミナさんの工房はやさしいお母さんの笑顔と子供たちのはしゃぐ声で溢れた、暖かな場所でした。

そんなお母さんたちが作った、ステキなフェルトボールコースターが出来上がりました。
遠くヒマラヤのふもとからやってきたコースターたち。
今日もどこかの家庭にほっこり暖かく迎えてもらえているといいな。そんな風に思う日々です。

サイズ:直径10cm

※ご注意 カラーによって若干サイズが異なります。同じカラーであれば概ね同じサイズではありますが、若干の個体差は発生いたします。すべてハンドメイドで作られているため、どうかご理解の上お買い求め下さいませ。

■配送について

・こちらの商品はゆうパケット(送料200円)での発送が可能です。
・ゆうパケット対応数量はコースター単体の場合は6枚まで、鍋敷き1枚とセットの場合はコースター3枚までとなります。それ以上の場合は佐川急便の宅配便をご選択ください。

・ゆうパケットはポストに投函される形での配達となるため、お日にちの指定はできません。

・ラッピング包装をした場合、ゆうパケットでの発送はできないため、佐川急便のみとなります。