Mai Solorzano - フープピアス

MAI-HPPI

12,830円(税950円)

購入数

大きめで印象的なフープピアス。
シワの入った紙を土台に、その上から真鍮でコーティングをして作られました。
作家本人の手作業で作られているため、ひとつずつシワの入り方や輪の形が異なります。
大きめで華やかなデザインのため、パーティーやリゾートでのコーディネートにおすすめです。
とはいっても、表面はマットな艶消しのためギラギラした印象は一切なく、
コットンやリネンなど、天然素材を生かしたナチュラルな装いにもお使いいただけます。

ベースは紙ですが、真鍮のコーティングがしっかりしているため、十分な強度があります。
また、キャッチがついておらず、心配に思われるかもしれませんが、
外そうとするともう片方の輪の端が耳に引っかかる仕様になっており、一般的なピアスと比べても落ちにくく、安心してお使いいただけます。

大きめなフープのデザインはアメリカの黒人女性歌手、ニーナ・シモンからインスパイアされました。








<商品詳細>

大きさ:70mm × 60mm
※手作りのため、物により5mm程度の誤差があります。

素材:真鍮 (低アレルギー性コート済み)

※低アレルギー性コートは100%金属アレルギーが出ないと保証するものではありません。
万が一、アレルギー反応が出ましたらご使用を中止して下さい。











Mai Solorzano (マイ・ソロザノ)




メキシコ出身のコンテンポラリージュエリー作家。
メキシコシティの大学でデザインを学んだ後、パリ、スペインのバレンシア、アルゼンチンのブエノス・アイレスと拠点を変え、その作品は世界各国のギャラリーやデザインショップ、美術館で販売されている。
彼女のデザインは世界を観察することから始まる。
「日常的に目にするものをジュエリーに変換する」というコンセプトのもと、道端の小枝や石、葉や紙のシワなど、日常の生活の中から美を見出し、その上から直接真鍮でコーティングをするなど、その物の持つ本来の美しさを引き出す。そうしてフォルムを強調することにより、見慣れすぎて気がつかない美を人々に気付かせるのだ。

「ジュエリーは身につける人にとって親しい友人であり、美しい共犯者でなければならない。」

普段見慣れた存在の価値を改めて考え直してみる。そんな問いを人々に投げかける彼女のジュエリーは確かに確信犯的であり、良い人生を送る方法を教えてくれる親しい友人のような存在であるのかもしれない。